美容皮膚科のスキンケア治療

お肌にコンプレックスがある‥そんな人は多いのではないでしょうか?美容皮膚科ではシミやしわ、そばかす、くすみ、ニキビ跡、毛穴の黒ずみ、赤ら顔、くまなどたくさんのお肌の悩みについて施術を通して解決してくれます。特に、夏場は通勤・通学するだけでも紫外線をたくさん浴びます。夏場だけでなく実冬場も紫外線が大量に出ています。紫外線は日焼けさせるだけでなく皮膚にある色素であるメラニンを大量に作られてしまいお肌のしみの原因につながります。適切なスキンケアを知るには、まずは肌トラブルの原因を把握しましょう。

しみの原因・種類にはいくつかあります。一つ目が、老人性色素斑です。これは加齢や紫外線によってできるものです。発生したばかりの時では薄い茶色のようなものですが次第に濃くなっていくのが特徴です。二つ目が脂漏性角化症です。手で触るとぼこっと盛り上がった形状になっています。色は茶?黒色で厚みがあることが特徴です。原因は老人性色素斑と似ていて、加齢や紫外線の影響が強いです。

三つ目の肝斑というケースもあります。20代後半?40代に見られます。原因は女性ホルモンの乱れで帯状に明解な境界線が見られるシミになります。その他でも妊娠や精神的原因、肝機能障害、紫外線など原因多数あるとされています。四つ目に考えられるのが色素沈着です。ニキビ跡、アトピー跡、傷跡など強い刺激を受けることによって色素が沈着してしまうことを言います。広範囲にわたってなどシミのような状態になっています。最後に後天性真皮メラノサイトーシスという可能性もあります。20代?30代で現れることが多く左右対称に1~3㎜くらいの色素斑ができます。頬や額に出現することが多くアザのようなものです。