Qスイッチルビーレーザーとは?

先ほど、レーザーフェイシャルは皮膚の浅い部分にしか効果が出せないというお話しをしましたがQスイッチルビーレーザーは高いレーザーのパワーを使用するので皮膚の奥深くのシミまで効果を発揮することができます。特徴としてはピンポイントでシミの除去を行うことができます。シミ周りのお肌の組織細胞に損傷を与えずにメラニン色素のみに反応して色素疾患の治療をしてくれます。施術回数としては程度によりますが5回ほどが目安とされています。輪ゴムでパチンとはじくような痛みを伴うため少しの我慢は必要です。

参考サイト→大阪の美容皮膚科ならMAME大阪心斎橋
Qスイッチルビーレーザー治療を行っているクリニックです。

レーザーフェイシャルより高い出力で施術するためにダウンタイムも長いので間隔を空けての施術となります。5回ほどの施術と言いましたが、人によっては1回でしっかりとシミを取ることもできます。高い出力ゆえに施術のケアなどはとても大切になってきます。施術後は薬をきちんと塗ること、また施術前は日焼けをしないように気をつけなくてはならないために日焼け止めはきちんと塗っておく必要があります。

また、施術後はレーザーによる熱照射による色素沈着が見られる人も出てきます。炎症後の色素沈着は6ヶ月?12ヶ月ほどとされているのでビタミンCやハイドロキノンなどを美容皮膚科か内服されます。施術したから大丈夫なのではなく施術前後のケアも手を抜いてはなりません。