レーザーによるしみ改善、施術の流れ

Qスイッチルビーレーザーによる施術の流れをご説明します。最初に医師によるカウンセリングを行います。気になる症状や部位のお話しをし、その人にあった施術プランを医師が提案をしていきます。次は洗顔です。洗顔ルームなどでメイクを落とします。

その後、レーザー照射(数分程度)に入ります。パチンと輪ゴムはじくような痛みがあります。痛みが激しい時は照射部位を冷やしながら施術を進めて行きます。広範囲のレーザー照射の場合は麻酔クリームを使用することもあります。最後に、照射部位に軟膏を塗ります。テープを貼ったら終了になります。このテープは7日間ほど常に貼っておく必要があります。

レーザーを当てて2、3日後は薄いカサブタができます。メイクや入浴は可能ですがカサブタを無理に剥がそうとすることは禁じられます。7日間ほどしたらテープを剥がすことができます。この時にカサブタも剥がれてきます。カサブタが剥がれた後は皮膚が敏感になるので洗顔などで擦りすぎたりしないように気をつけます。

炎症後はレーザーによる色素沈着がある場合があります。長い場合は1年近くまで続きますがファンデーションなどでカバーしていくうちに次第に馴染んできます。料金も1回で1㎜?3㎜ほどのシミであれば安くて1,000円?3,000円ほどでできるところも多数あります。思っているほど高くないという印象かと思いますのでシミなどに悩んでいる方はまずはカウンセリングから行ってみることをおすすめします。